トップ «前の日(05-17) 最新 次の日(05-19)» 追記
【ソース+水=麦茶色の何か】

半期 四半期 全カテゴリ

今日の一言


2010/05/18(Tue) あわわ 編集

_ [Windows][Linux][Ubuntu][Debian][FC][研究関係][雑記][gnuplot]gnuplotの使い方メモその0(サンプル)

こんな感じで。

 plot [:][0.5:1.3] "gplotdata.dat" using 1:2 w l,  "gplotdata.dat" using 1:3 w l

_ [Windows][Linux][Ubuntu][Debian][FC][研究関係][雑記][gnuplot]gnuplotの使い方メモその1(グラフを画像として出力)

こんな感じで。

 gnuplot> set terminal png
 gnuplot> set output "sin.png"
 gnuplot> plot sin(x) w l
 gnuplot> set output "cos.png"
 gnuplot> plot cos(x) w l

どうも、連続してグラフを出力する場合、プロットの度に「set output」が必要な模様。

元にもどすときは、

Linuxの場合

 gnuplot> set terminal x11
 gnuplot> plot sin(x) w l

Windowsの場合

 gnuplot> set terminal windows
 gnuplot> plot sin(x) w l

とする。

うむ、面倒!

_ [Linux][雑記]anthyのひどい誤変換

 「セッティング」→「殺ティン具」

さすがanthy!

_ [Linux][Ubuntu][Debian][FC][研究関係][雑記] Linuxでpdfを結合・分解する(pdftk)

「pdftk」というツールキットを使えば、コマンドラインで簡単に編集できるらしい。

さすがLinux!

インストール

ソースがここ(http://www.accesspdf.com/pdftk/)にあるらしいのだが、HPの構造がよくわからない。

なので、aptやyumでさくっとインストールしよう。

 # yum install pdftk
 # apt-get install pdftk

分割

分割の書式はこんな感じ。

 $ pdftk 対象のPDFファイル cat ページ範囲 output 出力先のPDFファイル

例えば、 「hoge.pdf」 というPDFファイルの2-3ページ目を取り出して 「p2-3.pdf」 というファイルを作成するなら、以下のようにする。

 $ pdftk sample.pdf cat 2-3 output 2-3.pdf

もちろん単一ページでも取り出せるし、「6-end」(7ページ目から最終ページまで)のような指定もできる。

また、「2-3 6-end」(全体から6ページだけを取り除く)のような指定も可能。

結合

結合の書式はこんな感じ。

 $ pdftk 結合するPDFファイル cat output 出力先のPDFファイル

例えば、「1.pdf」と「2.pdf」を結合して「12.pdf」というファイルを作成する場合、

 $ pdftk 1.pdf 2.pdf cat output 12.pdf

とすればいい。

ワイルドカードも使える。

 $ pdftk *.pdf cat output out.pdf

その他の機能

 $ pdftk -h

で調べれ。


2013/05/18(Sat) Windowsストアアプリ面白い 編集

_ [Windows]Microsoft Advertisingでの支払情報の登録方法

(2013/05/18時点での情報です)

参考:

http://kerotyan.wordpress.com/2013/04/07/microsoft-advertising-%E3%81%AE%E7%99%BB%E9%8C%B2%E3%81%8B%E3%82%89%E5%AE%9F%E8%A3%85%E3%81%BE%E3%81%A7/

1. PubCenterを開く

以下のURLからpubCenterを開き、ログインする。

https://pubcenter.microsoft.com/

2. Payment Method の登録

管理画面上部にある「Accounts」から「Payment Method」を選択。

「Check」と「Electronic Funds Transfer」があるので、銀行への振り込みの場合は「Electronic Funds Transfer」を選択する。

あとは、銀行口座の情報を英語で入力していき、請求先情報として、名前や住所などの個人情報を入力していく。

なお、三菱東京UFJ銀行の場合、以下のページで外国送金を当行で受け取る場合に必要な情報の英文表記が公開されている。

https://faq01.bk.mufg.jp/EokpControl?&tid=10879&event=FE0006

3. Payment Methodとアカウントの紐づけ

上部の「Accounts」→「Accounts」から登録する。 「Edit Account」の中にある「Payment Method」から、1.で登録したものを選択する

以上。