トップ «前の日記(2010/05/17(Mon)) 最新 次の日記(2010/05/19(Wed))» 編集
【ソース+水=麦茶色の何か】

半期 四半期 全カテゴリ

今日の一言


2010/05/18(Tue) あわわ [長年日記]

_ [Windows][Linux][Ubuntu][Debian][FC][研究関係][雑記][gnuplot]gnuplotの使い方メモその0(サンプル)

こんな感じで。

 plot [:][0.5:1.3] "gplotdata.dat" using 1:2 w l,  "gplotdata.dat" using 1:3 w l

_ [Windows][Linux][Ubuntu][Debian][FC][研究関係][雑記][gnuplot]gnuplotの使い方メモその1(グラフを画像として出力)

こんな感じで。

 gnuplot> set terminal png
 gnuplot> set output "sin.png"
 gnuplot> plot sin(x) w l
 gnuplot> set output "cos.png"
 gnuplot> plot cos(x) w l

どうも、連続してグラフを出力する場合、プロットの度に「set output」が必要な模様。

元にもどすときは、

Linuxの場合

 gnuplot> set terminal x11
 gnuplot> plot sin(x) w l

Windowsの場合

 gnuplot> set terminal windows
 gnuplot> plot sin(x) w l

とする。

うむ、面倒!

_ [Linux][雑記]anthyのひどい誤変換

 「セッティング」→「殺ティン具」

さすがanthy!

_ [Linux][Ubuntu][Debian][FC][研究関係][雑記] Linuxでpdfを結合・分解する(pdftk)

「pdftk」というツールキットを使えば、コマンドラインで簡単に編集できるらしい。

さすがLinux!

インストール

ソースがここ(http://www.accesspdf.com/pdftk/)にあるらしいのだが、HPの構造がよくわからない。

なので、aptやyumでさくっとインストールしよう。

 # yum install pdftk
 # apt-get install pdftk

分割

分割の書式はこんな感じ。

 $ pdftk 対象のPDFファイル cat ページ範囲 output 出力先のPDFファイル

例えば、 「hoge.pdf」 というPDFファイルの2-3ページ目を取り出して 「p2-3.pdf」 というファイルを作成するなら、以下のようにする。

 $ pdftk sample.pdf cat 2-3 output 2-3.pdf

もちろん単一ページでも取り出せるし、「6-end」(7ページ目から最終ページまで)のような指定もできる。

また、「2-3 6-end」(全体から6ページだけを取り除く)のような指定も可能。

結合

結合の書式はこんな感じ。

 $ pdftk 結合するPDFファイル cat output 出力先のPDFファイル

例えば、「1.pdf」と「2.pdf」を結合して「12.pdf」というファイルを作成する場合、

 $ pdftk 1.pdf 2.pdf cat output 12.pdf

とすればいい。

ワイルドカードも使える。

 $ pdftk *.pdf cat output out.pdf

その他の機能

 $ pdftk -h

で調べれ。

[]