トップ «前の日記(2010/10/13(Wed)) 最新 次の日記(2010/10/16(Sat))» 編集
【ソース+水=麦茶色の何か】

半期 四半期 全カテゴリ

今日の一言


2010/10/15(Fri) お腹空いたー [長年日記]

_ [Matlab][Ubuntu][Debian][FC][Linux][Windows][Mac][研究関係] Matlabで使える、Wavelets and Signal Processingパッケージ「WAVELAB」

***** Warning!!!! *****

いつも以上に殴り書きなので、絶対に信用しないように!

***** Warning!!!! *****

まあ、HPやソフト自体がかなりわかりやすいので、こんなメモは不要という説もある。

*自分はMatlabをLinuxで動かしているので、Linuxの場合の使い方のみをメモっていく。

*ソフト自体はWindows,Linux,Macのすべてに対応。詳しくは公式HPを見るべし。

インストール

まず、こちら(http://www-stat.stanford.edu/~wavelab/)からDL。

で、解凍して出来た「Wavelab850」ディレクトリを、

 <MatlabToolBoxPath>/Wavelab850

にコピー。(自分の場合は /usr/local/MATLAB/R2009a/toolbox/Wavelab850 だった)

さらに、Matlab起動時にパスを自動で通してくれるように設定を行う。

まず、「<MatlabToolBoxPath>/Wavelab850/WavePath.m」を、「<MatlabToolBoxPath>/local/」以下にコピーする。

で、コピーした「WavePath.m」を「startup.m」にリネームする。(既に存在する場合は、上書きしないように注意!)

*すでに「<MatlabToolBoxPath>/local/」以下に「startup.m」というファイルがある場合は、そのファイルに、

WavePath;

という一行を書き加えるだけでOK。

(おまけ)自動でパスを通したくない場合

使いたい場合にのみ、以下の方法でパスを通せばいい。

適当なフォルダでMatlabを実行。

で、まずはtoolbox内の「Wavelab850」にパスを通す。

>> path(path,'/usr/local/MATLAB/R2009a/toolbox/Wavelab850');

さらに、

>> WavePath

として、「WavePath.m」を実行することで、各関数へパスが通り、関数が呼び出せるようになる。

Mexファイルのコンパイル

*これは別に必須ではない。

上記の設定を終えた状態で

>> InstallMEX

を実行。

使い方

ここまでで設定は終了。

実際の使い方は、「Wavelab850/Workouts」の中の.mファイルを見れば分かるはず。

*というか、それ以外に情報が無いかも?

各ディレクトリにある「Contents.m」というファイルに、それぞれ何を行うプログラムなのかが書いている。

以上!

おまけ

簡単に、自分に関係しそうな部分だけをメモっておく。(多分間違った情報なので信用しないように!)

・連続ウェーブレット変換については、「MFWork01.m」および「MFWork02.m」を参考にすればいい?

・1次元の(逆)ウェーブレット変換については、「toon0531.m」あたりを参考にすればいい?

 ・FWT_POへの入力は、2の倍数のデータ数をもつ1次元データでないとエラーが出る。

 ・「toon0532.m」はDCTの場合の結果を表示するので、DCTとWevelet変換の違いがわかりやすい?

[]