トップ «前の日記(2011/01/07(Fri)) 最新 次の日記(2011/01/18(Tue))» 編集
【ソース+水=麦茶色の何か】

半期 四半期 全カテゴリ

今日の一言


2011/01/16(Sun) 追加実験用プログラムの作成中ー [長年日記]

_ [Windows][Linux][Ubuntu][FC][Debian][Tex][雑記]wmf(またはemf)をEPSに変換する(wmf2eps)

参考:http://www.mtl.t.u-tokyo.ac.jp/~iizuka/nt/eps/

まず、こちら(http://www.wmf2eps.de.vu/)から「WMF2EPS1.32.ZIP」をDL。

で、適当な場所で解凍し、「C:\Program Files\WMF2EPS」等に置く。

プリンタの作成

まず、

スタート → 設定 → プリンタ → プリンタの追加

とし、

ローカルコンピュータ(プラグアンドプレイはOFF) → 次のポートを使用(図)「FILE:」 → ディスク使用 → 「C:\Program Files\WMF2EPS\PSPrint\Win2000\Standard\W2kPrint.INF」

を選んでプリンタを作成。この際、設定は以下のようにする。

 通常使うプリンタ:設定しない。
 共有:しない
 テストページ:印刷しない。

インストールしたプリンタの設定

出来上がったプリンタ「WMF2EPS Color PS L2」を右クリックし、プロパティを開く。

で、「全般 → 印刷設定 → 詳細設定(図)」と進み、以下のように設定。

グラフィックス
・印刷品質: 600dpi (使用するプリンタに合わせて調整)
・True Typeフォント: ソフトフォントとしてダウンロード
ドキュメントのオプション
PostScriptオプション
・PostScript出力オプション: 簡易 PostScript (EPS)
・TrueTypeフォントダウンロードオプション: ビットマップ
・PostScript言語レベル: 2
・PostScriptエラーハンドラを送信: いいえ
・左右反転印刷: いいえ
デバイスの設定
・出力プロトコル: ASCII
・各ジョブの前にCTRL-Dを送信する: いいえ
・各ジョブの後にCTRL-Dを送信する: いいえ

WMF2EPSの設定

WMF2EPSを立ち上げ、メニューの「EPS-Conversion」から「Conversion Setup」を選択。

・Auto convert: Don't show this dialog before conversin.: チェックする
・Use Standard path for storing EPS-files: チェックしない
・WMF-Standard path: WMFとEPSが出力されるディレクトリ。
・EPS-processing
   o PS-Printer: WMF2EPS Color PS L2
   o Remove 'showpage' commands: チェック
   o Add WMF preview: チェックしない
   o Interger EPS Bounding Box: チェック (付けないと小数点になる)

で、メニューのFileから、Save Configを選んで設定を保存。

変換

まず、図や表をクリップボードにコピー(Ctrl-C)してWMF2EPSにペースト(Ctrl-V) する。

「Select graph to paste」(図)というダイアログが出るので、「Paste EMF」を選ぶ。

で、「Save Pasted EMF as ...」というダイアログが出るので、適当に名前を付けて保存。

右から3番目のボタンを押すか、メニューで EPS-Conversion → Conver を選ぶと、EMFと同じ名前のEPSが生成される。

以上!

[]