トップ «前の日記(2011/07/05(Tue)) 最新 次の日記(2011/07/15(Fri))» 編集
【ソース+水=麦茶色の何か】

半期 四半期 全カテゴリ

今日の一言


2011/07/10(Sun) ガン×ソード見たらカイジ=福本が覆された [長年日記]

_ [雑記]申し込んだ覚えが無いJ'sコンシェルのカードが届いた場合

【2011/7/10現在の情報】

J'sコンシェルの会員専用デスクに問い合わせたところ、このカードが発行されるのは主に以下の2つの場合とのこと。

・JACCSのクレジットカードの使用者で、発行の申し出があった場合
・エイブルまたはエイブル保証でエイブルメリットプランを使って賃貸契約した場合

申し込んだ覚えが無いのにJ'sコンシェルのカードが突然届いた、というのはおそらくこの2.が該当すると思われる。

なお、J'sコンシェルは入会金も年会費も無料とのこと。なので、不要の場合はそのまま放置していても特に問題はない。

そもそも賃貸の契約になぜJACCSが出てくるのか

以下はあくまでも個人的な解釈なので、正しい情報についてはエイブルに問い合わせてください。

エイブルメリットプランによる契約では、家賃の支払いの際に貸主と借主の間に信託会社(JACCS)が入ることになる。

これは、大雑把に言うと、家賃の支払い専用のクレジットカードを作り、それを使って家賃を引き落としているようなものと考えればいい。

・借主の調査 ←クレジットカードの審査
・家賃集金 ←クレジットカードによる家賃支払い

もし家賃の不払い等が発生した場合でも、クレジット会社が家賃を立替払いしてくれるため、貸主側のリスクを減らすことが出来る。

エイブルで賃貸契約している場合のJ'sコンシェルの解約

J'sコンシェルやエイブルに問い合わせて、具体的にどのような契約になっているかをよく確認したほうがいい。

なぜなら、上でも書いたように、エイブルメリットプランでは借主の調査のほかに家賃の支払いもJACCSが受け持っており、また、物件によってはエイブルメリットプランでの家賃支払いが必須のところもある。

そのため、J'sコンシェルの解約後も家賃の支払い等のサービスは継続されるよう確認しておくほうが無難である。

[]