リンク:【ソース+水=麦茶色の何か】

参考:

Apache自体はデフォルトでインストールされている。

入っていない場合は、

# aptitude install apache2

でインストールできるはず。

で、実際の設定に入っていくわけだが、Debian系OSの場合は、「/etc/httpd/conf.d/httpd.conf」ではなく、「/etc/apache2/apache2.conf」が設定ファイルの模様。

なので、こいつをエディタでいじっていくことになる。

また、/etc/apache2/ 内のファイルに分割されて管理されている。

設定を書き直したら、

$ sudo /etc/init.d/apache2 force-reload

として設定を読みなおせばOK。

実際に行った作業

「~hogehoge/public_html」以下を公開したいので、それ用のモジュールを組み込む。

$ sudo a2enmod

とし、

userdir

を選択。

で、再起動。

$ sudo /etc/init.d/apache2 restart

tdiaryを使うため、インデックスページは「index.rb」となる。よって、「/etc/apache2/mods-available/dir.conf」を開き、

DirectoryIndex index.html index.cgi index.pl index.php index.xhtml index.htm index.rb

と書き直す。

で、再起動。

$ sudo /etc/init.d/apache2 restart

※「/var/www/」とかを公開する場合は、「/etc/apache2/sites-available/default」の「DocumentRoot 」を環境に合わせて適宜修正しておけばOKのはず。

あと、公開するフォルダの所有者をrootから変更しておく。

$ sudo chown -R hogehoge /var/www/html/

tdiaryにおいて、.htaccessを使ってパスワードやcgiの設定を行うために以下の設定を行う。

「/etc/apache2/mods-available/userdir.conf」を開き、

 AllowOverride None
 Options FollowSymLinks
 AddHandler cgi-script .cgi .pl .rb

を、

AllowOverride All
Options All
AddHandler cgi-script .cgi .pl .rb

に書き換える。

「/var/www」の場合は、同様に「/etc/apache2/sites-available/default」を書き換えればOK。

で、再起動。

$ sudo /etc/init.d/apache2 restart

これで.htaccessが利用できるようになった。

あとは公開フォルダに公開したいファイルを置けばOK。