参考:

こちら(http://www.octagate.com/service/SiteTimer/)のサイトで公開しているオンラインサービス『SiteTimer』を使うと、指定したWebページを開くまでにかかる時間を細かく表示してくれる。

インストールが不要なので手軽に使用でき、しかも無料。

使い方は、「URL of Site to Time:」という文字の隣にあるテキストボックスに分析したいWebページのURLを入れてStartを押すだけ。

どの部分に時間がかかっているのかが分かるので、自分のサイトがどの程度の重さかを調べるのに有効。

補足情報

Yahoo!Japan(http://www.yahoo.co.jp/)を計測した場合、すべて表示されるまでにかかった時間は、およそ7秒前後。